薬剤室について

当薬剤室は薬剤師7名、助手3名のスタッフで構成されています。

主な業務として調剤業務、注射薬払出し業務、薬品製剤業務、医薬品管理業務、医薬品情報管理業務、病棟業務、治験薬管理業務、抗癌剤・高カロリー輸液調製業務などの業務を行っています。

また、 毎月4回程度、 院内の勉強会を行っており、 日々自己研鑽に励んでおります。奨学金制度·研修制度あり⇒詳しく知りたい方はご連絡をお待ちしております。

 

 

   

(1)薬剤室業務

薬剤管理指導業務

入院患者様に対し薬歴確認、 処方内容の確認等を行い薬剤投与量、 配合禁忌、 薬物相互作用、 重複投与、 処方漏れ等のチェックを行い、 投薬の妥当性を確認後、 患者様に説明と指導をおこなっています。 また、 退院後も遍切な薬物療法が継続できるよう患者様の相談に応じていま す。

調剤業務について

一部外来患者・入院患者様の調剤を行っています。 処方箋情報の評価後、 調剤集務手順に従い 調剤を行っています。 患者様の服用状況に合わせて一包化、 粉砕化を行い患者様にとって服用 しやすい形態になるよう調剤を行っています

製剤業務について

臨床の場では必要とされますが使用量が少なく市販されていないもの、 市販品はあるが必要とされる剤型が撫い場合、 安定性の面から院内で製造せざるをえない場合、 特殊な処方、 試験· 研究的な色彩の強いものを医師の求めに応じ調製を行っています。

 

医薬品管理業務について

医薬品は適切な情報が加わって初めて適正使用が可能となります。 製薬メーカーからの緊急安全性情報、 副作用情輯、 使用上の注意改定、 剤型変更、 適応症の追加等を収集、 整理、 保管し必要部暑へ伝違する業務、 医師、 看護師からの問い合わせに対する回答婁務、 院外薬局に必要な情輯を提供する業務等おこなっています。

注射薬無菌調製業務について

抗癌剤無菌調製業務を平成20年度より開始しています。

患者様に適切な投与を行うためにレジメン作成を行い、 最適な投与量、 投与時間等の確認、 検討を行った後レジメンにそって注射膿製をおこなっています。 また場合によっては処方査更等の提案も行っています。

また、クリーンベンチを用いての高カロリー輸液無菌調製を平成23年2月より開始しています。

 

   
抗がん剤無菌調製 高カロリー輸液無菌調整